東京・関東をベースにした場合、90分で1.8万円というのがスーパーコンパニオンの料金相場。

それより下回れば安いということになります。

しかしソコにはしたたかな入り口戦略があったりするのです。

■平均1.8万円を下回るかどうか。

どの地域でスーパーコンパニオンと遊ぶかにもよりますが、平均で1.8万円なので、それより下回る価格なら“安い”と言えます。

たとえば激安を看板にした派遣サイトの料金表では、60分で1.6万円とか1.5万円というのがあります。

ただし時間的には90分ではないので、延長必至となり、結果的には激安で収まらないことに。

激安とか安いというのにはカラクリが付きものです。

■激安は入り口で出口は割高!?

最初は激安でも、オプションサービスで積上げていって、2万円台で落ち着くという激安プランもあります。

キス1回が1,000円などというオプションもあったりするので、微妙~。

男子としては“分っていても罠にハマってみたくなる”という仕掛けです。

できるだけ安い価格で遊びたいのも理解はできますが、ホドホドのところで手を打つのが上手な遊び方かも知れません。

■スーパーコンパニオンが価格的に安いのは、関東よりも九州エリア。

1.3万円プラン、1.2万円プランなどというのもあります。

スーパーコンパニオンという呼び名があれば、ピンクやノーマル、コスチューム、スケスケなど、地方によって名称は異なります。

価格的に高いのは東京で、関東圏から南か北に離れていくほどサービス料は安くなる傾向にあります。

出張などのついでがあればオーダーしてみてください。

記事RANKING

MENU