特殊清掃士になる為には

孤立死などで遺体が放置されていた場所、事故現場、ごみ屋敷など、特殊な現場で清掃作業を行なう仕事が特殊清掃士です。

高齢化社会で高齢者の一人暮らしが増加し、孤立死が社会問題として取りあげられていることや、もう一つの社会問題であるごみ屋敷が毎年増加している事などにより、さらに特殊清掃士が注目されるようになりました。

特殊清掃士として働くには、特殊清掃士養成講座などで、特殊な現場での作業を行なう為に必要な専門知識を身につけなければなりません。

特に感染リスクに対する知識は、自分への感染症予防や他人への二次感染予防において、非常に重要で欠かせない知識です。

また、感染リスクの知識と同時に大切なのが、遺族への適切な対処や対応ができることです。

遺族への配慮はもちろんのこと、依頼内容の秘密保持、分かりやすい料金体系の設定、高いレベルの技術等も特殊清掃士に求められることとなっています。