特殊清掃士として働く

一昔、汚い、きつい、きけんの意味をもつ「3K」と言われる仕事は、できれば避けたい仕事の代名詞でもありましたが、特殊清掃もしたくない仕事の1つに入るでしょう。

そうであっても、誰かがしなければならない仕事であることには間違いなく、多くの人が「したくない」や「できない」と思っている仕事であるからこそ、感謝される度合いも大きいと言えるのではないでしょうか。

最近では、特殊清掃士に対する需要が高まりを見せており、今後、特殊清掃業界はさらに広がっていくと考えられています。

特殊清掃士には、特殊な状況に対する専門知識と正しい対応力が要求されますから、ただ単に清掃ができれば特殊清掃士として働けるという訳ではありません。

しかし、清掃業を全くしたことがない人よりは、既に、清掃業務や遺品整理業に携わっていたり、葬儀関連職種についている人のほうが、特殊清掃士に転業しやすいようです。